化粧水の保湿成分の働き

subpage01

化粧水の保湿成分には、水溶性セラミドやプロテオグリカン、ヒアルロン酸などがあります。


コラーゲンも代表的な化粧水の保湿成分であり、これらの成分の働きで乾燥した肌に潤いを与えて肌をガードします。
化粧水の保湿成分には肌のキメを整えて透明感をアップさせる効果が期待でき、ノーメイクでも美しい素肌美人を目指せます。

水溶性セラミドは、いろいろな化粧品の原料に使用されている保湿成分のセラミドを水溶化したものです。

従来のセラミドは脂溶性であるため化粧水には使用することが不可能でしたが、水溶性セラミドが開発されたことにより、セラミドを配合することが可能になりました。


セラミドは水分を蓄える働きがあり、潤いを長時間にわたってキープすることができます。

プロテオグリカンは皮膚の真皮層に元からある成分で、皮膚のヒアルロン酸やコラーゲンの量を増やす働きがあります。

化粧水の保湿について補足説明いたします。

また、皮膚の細胞分裂を促進させる働きもあり、皮膚の若返りの効果も期待できます。

そのため、エイジングケア化粧品にも配合されており、アンチエイジングに大きく貢献します。

化粧水の保湿成分で最もポピュラーな成分はヒアルロン酸とコラーゲンであり、ほとんどの商品に配合されています。



ヒアルロン酸は200倍から600倍の水分を吸収することができ、肌の潤いの持続に欠かすことができない成分です。



コラーゲンはたるんだ肌にハリとツヤを与えて、弾力のある瑞々しい肌に導いてくれます。